羽後町立図書館ブログ

秋田県・羽後町にある町立図書館の活動を紹介します。

9月生まれのこの人は…

◆基本情報・利用案内◆蔵書検索・ネット予約等は「リンク」からアクセスできます。

 

 9月最終週になりました。

 月末の恒例企画として、エントランス掲示紹介をします。

 まずは、作家や著名人の言葉と本館蔵書紹介です。

 

 今月紹介していたのは、この方々です。

 

 今日の最初は、ご存知「ショートショートの名人」ですが、本人ではなく、本人についての評伝をぜひ紹介したいと思います。

 

 

星新一

 最相 葉月∥著   新潮社2007/03

 『ボッコちゃん』『ようこそ地球さん』『人民は弱し 官吏は強し』…文庫の発行部数は三千万部を超え、いまなお愛読されつづける星新一。一〇〇一編のショートショートでネット社会の出現、臓器移植の問題性など「未来」を予見した小説家には封印された「過去」があった。関係者百三十四人への取材と膨大な遺品から謎に満ちた実像に迫る決定版評伝。

 名著と言われるこの一冊、いかがですか。

 

 

 ベストセラーもある次の作家の一冊は、これにしました。

 理由は「秋田」が登場するからです。ドラマ化されていて知っている方もいるかもしれませんが、なかなか興味をそそられますよ。

 

「平成猿蟹合戦図」

  吉田 修一∥著   朝日新聞出版2011/09

 歌舞伎町のバーテンダー浜本純平は、ある日、ひき逃げ事件を目撃する。だが逮捕されたのは、まったくの別人だった。真犯人への恐喝を目論むうちに、世界的なチェロ奏者のマネージャー園夕子と知り合った純平は、いつの間にか地元東北から国政選挙に出馬することになり…。

 

 

 人気小説家の一人ですね。様々な分野の作品があります。

 こんなエッセイも出版されています。

 

三浦しをん のっけから失礼します」

 三浦 しをん∥著   集英社2019/08

 体脂肪率首位打者レベル、EXILE一族や漫画への熱き想い…。ありふれているのに奇想天外な日常がつづられる、三浦しをんワールド炸裂の、抱腹絶倒のエッセイ集。

 

 めっきりと朝夕の涼しさがまして、まさに秋到来です。

 ぜひ、9月のうちに一冊、何かお気に入りを読んでおきましょう。