羽後町立図書館ブログ

秋田県・羽後町にある町立図書館の活動を紹介します。

本でも鑑賞できる「花火」

◆基本情報・利用案内◆蔵書検索・ネット予約等は「リンク」からアクセスできます。

 

 

 本町の盆踊りをはじめ「三年ぶり」と形容された県内外の夏祭りも、いよいよ終盤を迎えます。

 

 大曲の全国花火競技大会も明日となりました。

 このブログでは既に三か月前、こんな題名をつけて「花火」関連の書籍を紹介していました。

ugotosyokan.hatenablog.com

 

 明日の本番を控え、加えて何冊か挙げてみます。

 

 まずはこの一冊。

秋田魁新報社/編  秋田魁新報社 2010/08

 12年前の発刊ですが、地元新聞社がよくまとめてあります。

 もう一冊、これはかなり古い写真集となりますが、「花火」の写真家として著名な方の作品集です。

 

泉谷 玄作∥著  カッパンプラン 1993

 どちらも「郷土資料」コーナーに置かれてあります。

 

 

 さて、花火にかかわる児童書ゃ絵本を2冊、挙げてみましょう。

 

 一つ目は「かがくえほん」です。

たかとう しょうはち∥さく  福音館書店 2005/01

 こどもの「なぜ」に応えるだけでなく、大人の雑学としても読めそうです。

 

 

 次は「花火」が印象的な場面を作り出す、面白い絵本です。

 

エミリー ハワース=ブース∥さく  あかね書房 2020/11

 くらやみがこわい男の子が王さまになりました。王さまはだいじんたちとそうだんして、くらやみについてのわるいうわさをながしました。ひとびとはそれまで、くらやみにふあんをかんじたことはありませんでしたが、うわさをきいて、きゅうにくらやみがわるいものにおもえてきました。そして、くらやみをきんしすべきだとうったえて…。

 

 週末に花火大会に出かける方もそうでない方も、図書館のなかでもいろいろな「花火」を見つけて、楽しんでいただければと思います。