羽後町立図書館ブログ

秋田県・羽後町にある町立図書館の活動を紹介します。

もうすぐ「山の日」②

◆基本情報・利用案内◆蔵書検索・ネット予約等は「リンク」からアクセスできます。

◆8月は西馬音内盆踊り期間中の16日~18日は休館です。

 

 

 一昨日に続いて、今日は大人向けの書籍を中心に紹介しましょう。

 

 「山」といったとき、羽後町民であれば「大平山」や「鳥海山というイメージを持つ人も多いでしょう。

 もっと広げれば「富士山」があります。富士山が題名につく本は結構ありますが、ここでは「鳥海山」の一冊を…

マンサク会∥著  秋田魁新報社 2018/09

 海岸から高山まで変化に富んだ環境を持つ鳥海山。そこに生息する動物や植物などを、里山、ブナ林、湿原、高山、河川、海岸といった環境別に、写真と平易かつ簡潔な文章で紹介する。鳥海山の水の恵み等についても記載。

 

 

 自然観察系から離れて、このような本はいかがでしょうか。

 

山村民俗の会∥編  河出書房新社 2017/05

 里の向こう、山の中では、だれもが「なにか」を感じることがある。あるときは霊異であり、魔モノであり、祟りであり、不思議であり…。「山村民俗の会」会員が秘かに語り伝える、日本各地の山の怪異現象の記録集

 ノンフィクションに興味を持たれる方には面白い一冊かと思います。

 

 

 さて、フィクションとして「山」をキーワードにすれば…

 古い本になりますが、新田次郎登山小説が有名です。

新田 次郎∥著  新潮社 1973

 「孤高の人」下巻、そしてほかにも映画化された剱岳 点の記」など所蔵されています。

 

 最近の作家の作品では…

 

笹本 稜平∥著  (大活字本)      埼玉福祉会 2019/11

   長嶺亨は脱サラをして父親の山小屋を継いだ。父をなくしたOL、84歳のクライマー…。この山小屋には、悩める人を再生する不思議な力があって-。奥秩父の山小屋を舞台に描く山岳小説。

 

湊かなえ∥著   幻冬舎 2014/07

 私の選択は、間違っていたのですか。悩める7人の胸に去来するのは-。誰にも言えない苦い思いを抱いて、女たちは、一歩一歩、頂を目指す。新しい景色が小さな答えをくれる連作長編。

 

 昨年発刊された「残照の頂 山女日記・続」も所蔵されています。

 

 

 都合が合わずに、また事情があって登山できない方、自分で登らなくとも想像で登山気分を味わいたい方…どうぞ、図書館へおいでになって、お気に入りの「山」本を見つけてください。