羽後町立図書館ブログ

秋田県・羽後町にある町立図書館の活動を紹介します。

みどりの日、みどり色の本

◆基本情報・利用案内◆蔵書検索・ネット予約等は「リンク」からアクセスできます。

 

 図書館祭・ワークショップ、続いていますよ。案内は

 → https://www.ugotosyo.jp/opac/notice-event

 

 みどりの日

 みどりの日らしい、いいお天気になりました。

 

 祝日の意味は「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ日」です。 山や海、川、植物などの自然に感謝する日ともいえそうです。

 元気に屋外で楽しむ一日であればいいですね。

 

 なかなかそういかない方のために…みどりの日みどり色の本はいかがでしょうか。(かなり強引なこじつけですが…)

 

 

  今月の新着図書は、もちろんもう貸出済みのものもありますが、新着棚を覗けば、まだ、こんなに「みどり色の本」があります。

 

 人気作家の時代小説が、文庫本で揃っています。

 テレビドラマ化もされた人気シリーズです。

 

 

 現代小説からエッセイまで、緑を基調とした表紙は結構多いです。

 

 幼児から児童生徒、大人まで楽しめる、下のような本も並んでいます。

 

 

  特に『世界でいちばん素敵なSDGsの教室』(小林 亮∥監修 三才ブックス 2021/07)はお薦めしたいです。

 そもそも「SDGs」ってなんのこと? どうして貧困はうまれるの? 日本の男女の地位の格差はどのくらい? フェアトレードってなに? 美しい写真とシンプルなQ&Aで、SDGsのエッセンスを伝える。

 

 最近、耳にしない日はないほど広まっているこの考え方は、環境問題と深く関わっています。

 本でじっくり知ることも、「みどりの日」にふさわしい気がします。