羽後町立図書館ブログ

秋田県・羽後町にある町立図書館の活動を紹介します。

雨の日になったら読む本

◆基本情報・利用案内◆蔵書検索・ネット予約等は「リンク」からアクセスできます

 

 

  今日は気持ちよく晴れていますが、最近の天候はどうも不安定です。

 梅雨入りはまだ先のようなのですが…

 それでも、この後来るだろう「雨の日」…外に出るのがおっくうだけれど、時間もあるし、一冊ぐらい本でも読もうか…という方に、これはおススメ!という本を紹介します。

 

 まず、こんな題名の本があるのをご存知ですか。

『あなたの人生を変える 雨の日の過ごし方』

 

f:id:ugotosyokan:20210615134207j:plain

美濃田啓二・著  文響社

 冒頭に「本書は、ゆううつな雨の日を楽しむための、心と体のバイブルです」とあります。たくさんの著書があるカウンセラーが教える実践メソッドの本です。

 

 お子さんと一緒に読んでみたい童話を一冊挙げておきます。

 

f:id:ugotosyokan:20210615134510j:plain

森絵都・作 たかえゆうこ・絵  講談社

 直木賞作家の書き下ろし童話です。

 クマのマーくんが「泣きぬし」を探して歩き、どんどん笑顔が増えていくお話です。

 小学校低学年なら一人でも読めます。大人が読んでも深いです。

 

 

 さて、雨が印象的に描かれる小説といえば…、かつてベストセラーになり、あの女優さんで映画化された『今、会いにいきます』を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 もちろん、その本も図書館にはありますが、同じ作者が著した、こんな題名の小説もありました。

『世界中が雨だったら』

f:id:ugotosyokan:20210615135135j:plain

市川拓司・作  新潮社

 

 もう十数年前の発刊になりますが、三篇収められている物語はそれぞれに個性的で読み応えがあります。

 

 ちょっとした隙間時間を見つけて、どうぞ図書館へ足をお運びください。