羽後町立図書館ブログ

秋田県・羽後町にある町立図書館の活動を紹介します。

アンリミテッドな2月が…

◆基本情報・利用案内◆蔵書検索・ネット予約等は「リンク」からアクセスできます。

 

 いよいよ2月がスタートしました。

 

 すでに町広報でご覧の方々もいらっしゃるでしょうが、昨年同様、今月は今日1日から12日(日)までの期間、「貸出冊数無制限」を実施いたします。

 ※ただし、新刊は通常通りに3冊までです。ご了解ください。

13日(月)通常休館に加え、年に一度の蔵書点検のために14日(火)から17日(金)まで臨時休館になりますので、たくさん借りたい方のためにこうした形をとりました。

 休館中の返却は、玄関のところにあるボックスに入れることになります。

 

 

 さて、本館の企画とはまったく関係ありませんが、次のような書名のサスペンス小説もあります。

 

渡辺 容子∥著  講談社 1998/03

 離婚成立直前に夫が失踪した。新しい恋人との結婚のため夫を捜しはじめた妃美子は、彼が一軒のパチンコ店に頻繁に出入りしていることを知る。警察との癒着、裏技による不正、景品交換所での強盗殺人事件…業界の暗部に夫の影を垣間見た彼女は深い疑念の渦へと巻き込まれていく。

 

 厳寒の時期に読むには、どろどろしすぎでしょうか。

 

 二月に絡めれば、次のような小説もあります。

 

曽野 綾子∥著  新潮社 2008/06

 

 これは短編小説集ですので、読みやすいのではないでしょうか。

 表題が「2月30日」とあり、何の意味か考えさせられます。

 

 それに関係して、毎年のことですか、こんな疑問をお持ちの方は、家族やお子さんと一緒に、この本を一緒に読んでみてはどうでしょう。

 

いけがみ しゅんいち∥ 文 せきぐち よしみ∥絵 福音館書店 2012/01

  「2月はどうしてみじかいの」という疑問を説いてくれる一冊です。

 

 続けて、こちらの絵本も楽しめます。

 雪国と南の方では違いが大きいですが、それを知ることも貴重な気がします。

 

長谷川 康男∥監修   PHP研究所  2010/12

 

 積雪量は昨年並みとなり、寒気の強い日も続きます。

 天候だけはアンリミテッドにならないように願いたいものですね。

 

 今月は、どうか「計画的」に図書館をご利用ください。

1月は「自立力」でした!!

◆基本情報・利用案内◆蔵書検索・ネット予約等は「リンク」からアクセスできます。

 

 今日で一月も終わりとなりました。「図書館初詣」も終了です。

 たくさんの方にご来館していただき、ありがとうございました。

 

 今月のエントランス掲示は、年の初めということもあり、この語を挙げてみました。

 どちらかと言えば「自立心」の方が一般的かもしれませんが、「実行する」意味合いの強さを含め、「力」を使いました。

 

 

 力を養うために紹介した本は、いつものように三冊です。

 

 一冊目は、一昨年のベストセラー。未読の方にはぜひお薦めしたい新書です。

 難しい話ではなく、個の生き方にかかわってくる内容です。

斎藤 幸平∥著  集英社 2020/09

 気候変動、コロナ禍…。人類の経済活動が地球を破壊する「人新世」=環境危機の時代。唯一の解決策は、潤沢な脱成長経済である-。晩期マルクスの思想をヒントに、危機の解決策と豊かな未来社会への道筋を具体的に描きだす。

 

 

 続いては、高齢者と高齢準備世代に向けた一冊です。

 

岸本 葉子∥著  文響社 2019/07

 59歳でローンで家を買ったひとり暮らし70代女性が後悔していない理由、1か月後に死んでも100歳まで生きても満足するプラン…。いろんな人に話をきいて「ひとり老後」の明るい迎え方を考えてみました。

 

 様々なヒントが得られそうです。

 

 三冊目は、これです。

 もちろん児童向けなのですが、「自立のすすめ マイルールベスト」と記されていて、基本中の基本を読み進めながら考えることができます。

 なんといっても「自立の教科書」と解説してあるところが心強いですね。

 

辰巳 渚∥著  朝倉 世界一∥まんが  毎日新聞出版 2017/02

   

 まんがで楽しく学べる「自立の教科書」。「迷子になった!」「麦茶をとってもらった」「絵の具が服についた!」「友だちがいやなことをする」…。小学生の女の子を主人公に、「こういうとき、どうするんだっけ?」をやさしく解説。日常生活にすぐに役立つ50話を収録。

 

 

 今年も12分の1が過ぎました(笑)。

 「自立度チェック」してみるいい機会ではないでしょうか。

絵本であったまろうよ!!

◆基本情報・利用案内◆蔵書検索・ネット予約等は「リンク」からアクセスできます。

 

 

 今日は第四土曜日、今年初の「絵本とあそぼ」です。

 

 冷たい雪が降っていますが、元気に開幕です。スタートは紙芝居です。

 とても愉快なお話でした。

 こんな「おなべ」があればいいなあ、と思うかどうかは…

 

 続いては絵本の読み聞かせ。

 リクエストのあった本、そして大型絵本と続きました。

 

 今日の工作は、来週の「節分」に合わせて、こんな可愛いオニさんが題材でした。

 

 「絵本とあそぼ」は、毎月行われています。

 第四土曜、10時から、絵本コーナーで開かれています。

 ぜひ、ご都合をつけておいでください。

 

 あっ、まだ一月ですね。

 福袋、まだ少し残っています。

 絵本をはじめ、様々な本を読み、心だけでもあったまりませんか。

真冬も「絵本とあそぼ」明日です!!

◆基本情報・利用案内◆蔵書検索・ネット予約等は「リンク」からアクセスできます。

 

 気温の低い日が続きますね。

 これが本来の一月下旬の姿なのかもしれません。

 

 今日はこども園読み聞かせ」の今月の最後で、たしろこども園に行ってきました。

 みんな、寒さに負けないで元気でした。

 「うさぎの話」「夜の話」を、じいっと聞き入ってくれました。

 

たしろこども園の年長さんたちです

 

 さて、明日は第四土曜で、今年初めての「絵本とあそぼ」の会があります。

 いつものように、午前10時から絵本や紙芝居などの読み聞かせとミニ工作があるので、ぜひお立ち寄りください。

 

 もう月末ですが、新着本棚には、絵本、児童書そしてて一般向けと並んでいる書籍もありますし、「福袋」「図書みくじ」もあと数日できますので、ぜひご来館ください。

 

 

 明日のミニ工作テーマは「節分」だそうです。

 何を作るのでしょう。

 

 出番は来週と…じっと待っている「鬼」たちも居ます。

食わず嫌いをしないで…

◆基本情報・利用案内◆蔵書検索・ネット予約等は「リンク」からアクセスできます。

 

 

 今年初めての「県立図書館本」のコーナー展示は、食に関する企画となりました。

 

 

 皆さんもご承知かと思いますが、「食」に関する書籍は非常に多くあります。

 雑誌などでもよく特集として取り上げられますし、TV等のメディアでも食をテーマとした番組は毎日複数あるのが常です。

 

 それだけで腹いっぱいになりそうですが、それを「本」という形で味わってみようというのが、今回の主眼です。

 

 

 料理紹介やレシピ本だけでなく、歴史、道具、作法など多岐にわたっています。

 

 

 また、小説なども並べてあります。よくドラマ化などされるのもこの分野ですね。

 

 

 都会の片隅に真夜中にだけ開く不思議なパン屋さんがあった。夜な夜な集まる変わったお客様たちが巻き起こす、切なくも心あたたまる事件とは?

 

 食は、人の好みが分かれるのは当然です。

 ただ、本で読むのは味覚と関係がないので、「食わず嫌い」をしないで、手に取ってみたらいかがでしょう。

 

 

 食べものも、本も、人を幸せにするためにあるのだなあと、今さらながらに思いました。

「羽後の子ども」を遡る1982

◆基本情報・利用案内◆蔵書検索・ネット予約等は「リンク」からアクセスできます。

 

 久しぶりの文集詩作品紹介です。

 このシリーズはスタートさせたのが、昨年一月下旬でしたのでちょうど一年が経過したことになります。数えてみると34回目ということになります。

 

 

「羽後の子ども」第13集(1982年度)より

(14集以降はしばらく同じ表紙絵が続きましたが、13集までは年毎の表紙絵でした)

 

 昭和57年度は、500円硬貨発行、東北新幹線開業と大きな変化のあった年です。

 秋には田代・仙道地区の県営ほ場整備事業が完成し、鈴木家住宅の修復工事も完了しました。

 冬になって12月には羽後町商工会館の竣工があり、翌年1月に上到米小学校の新校舎も竣工されました。

 

 

 

 子っこうさぎがしにました

            上到米小1年

 

先生。

子っこうさぎ

しにました。

うまれたばかりなのに

すぐしにました。

土をほって、うめました。

 

あなの下に

大きな石がありました。

いたそうだったので

もみがらを

いっぱいしいてあげました。

土をかぶせるときも

いたそうだったので

もみがらをいっぱいかけてやりました。

 

先生。

子っこうさぎ

青いかおをして

ねむっていましたよ。

   

◆「子っこうさぎ」はひと時この世に生まれ、すぐに亡くなってしまった。うさぎは何も残してくれなかった。ただ、もみがらに込められた優しさともに、土の中でずっと眠っている。そして、その思いを想像する時間はずっと残り続ける。

 

 

 

  テスト

        三輪小5年

 

 

テストがはじまった。

みんなの目が

つり上がってくる。

さっそく問題をにらんだ。

そしたら、問題に

かおをしかめてにらみかえされた。

カリカリ カリカ

みんなのえんぴつの音

そんな音を聞くと、

あわててしまう。

問題が

「ざまーみろ。」とばかにする。

言い返すように、あわてて解く。

カリカリ カリカ

その音が

のうみそにあなをあける。

ひそひそと

話し声が聞こえる。

 

テストを

先生のつくえにだした時、

わたしの頭の中に、

いろいろな点数がうかぶ。

 

 

◆インクで書かれた文字が「問い」の形になって、攻めてくる。ここに守りはなく、頭脳と鉛筆を武器にただ相手を倒すのみ。限られた時間での勝利を目指して、机上の戦いは幕を閉じた。さて、目前の敵を全部倒し終えたのか、君は。

本が「金」を引き寄せる

◆基本情報・利用案内◆蔵書検索・ネット予約等は「リンク」からアクセスできます。

 

 今日は「金の日」

 「ゴールドラッシュデー」ということで、金を身に付けると金運が!?とも言われているようです。

 そこで、安易なアイデアですが、図書館にある「金」を探してみました。

 

 「金」が書名に入っている小説、物語等は、例えば三島由紀夫の『金閣寺』など有名なものもありますが、ここではあまり知られていない蔵書を2冊紹介しましょう。

 

名木田 恵子∥作  金の星社 2006/12

 チェルノブイリ原発事故の前日に生まれた徳光海歌。十二歳で死んだ兄・海飛、一身に息子の死を背おって生きる父、父を責める母。その徳光家に原発被災者の少年セリョージャがやってくる。一家におきる小波。不器用な家族の哀しみを北海道の海と大地がうけとめて、やがて家族の絆へとかえていく。けがれなき林檎への祈りとともに―。

 

恒川/光太郎∥著  文藝春秋 2013/10

 時は江戸。ならず者の巣窟「極楽園」と異形の存在「金色様」に翻弄される人々の運命を描く長篇。人間の善悪に迫る、著者の新境地。

 

 こうした渋い(笑)本ではなく「お金が…」という方にも、もちろん様々な書籍が出回っています。

 

 まずはとても有名なこの一冊。

 

ロバート キヨサキ∥著  白根 美保子∥訳  筑摩書房 2013/11

 自分の頭で考え道を切り開き、厳しい世の中を生きるためのガイド。金持ち父さんの6つの教えを記した「教えの書」と「実践の書」の2部構成で、経済的自由を得るためのお金の哲学を説く

 

 最近の出版では、もっとダイレクトに、こんな本もあります。

 

酒井 富士子∥著  学研プラス 2022/08

 お金の不安の解消法、貯蓄プランの立て方、収入の把握、支出の見直し、ライフイベントにかかるお金、万一の備え…。お金と上手につき合うために必要な知識を、1つずつ図を交えて解説する。

 

 読んで学ぶのもいいが…そんなに面倒なことをしなくても…という省エネ(笑)主義の方は、こちらの一冊でしょうか。

 

たかみー∥原案 こげの まさき∥マンガ  かんき出版 2022/02

 神宮館高島暦、マヤ暦、通書を掛け合わせた最強の理論で金運バク上がり! いつ、どんなことをすると、金運が上昇していくのかをマンガで紹介するとともに、2022~2027年の金運が上がる行動リスト・カレンダーを掲載

 

 「365日 お金を引き寄せる」という語が力強いですね。

 

 と、残念ながらこの本は1/24現在「貸出中」なので、興味関心がある方が多いですね。ぜひにも早くという方には「予約」をお薦めします。

 

 ※予約は直接カウンターに来てくださるか、または(手続きが済んでいる方)は、ネットでも可能です。電話では受け付けておりませんのでご了解ください。