羽後町立図書館ブログ

秋田県・羽後町にある町立図書館の活動を紹介します。

図書館川柳なかなかの…

◆基本情報・利用案内◆蔵書検索・ネット予約等は「リンク」からアクセスできます。

 

 

 今月の展示企画「図書館川柳」が並び始めました。

 

 

 気軽に「五七五」を作っていただければと始めたのですが、図書館に通う方はなかなかのレベルで、とても面白い句があります。

 

 ぜひ皆さんにも読んでほしいです。

 

 さて、前回はサラリーマン川柳やシルバー川柳の書籍を紹介しましたが、今回は少し本格派を…。

 文学として鑑賞してみたい方にはお薦めです。

 

時実 新子∥監修  川柳大学編集部∥編   川柳大学 2000/01

 

 川柳大学といえば、本図書館の元館長である田口泰雄先生がそこで学び、発刊された著書があります。

 この句集も実に味わい深く、田口先生を知っておられる方はもちろん、そうでない方にもきっと感銘を与えてくれる一冊です。

 

田口 恭雄   編集工房 円  2005/01



 

 興味のある方はぜひ手に取っていただければと思います。

 

 「図書館川柳」まだ続きます。

 ふるってご参加ください。

 

154年前に学校が…

◆基本情報・利用案内◆蔵書検索・ネット予約等は「リンク」からアクセスできます。

 

 5月21小学校開校の日とされています。

 明治元年、京都に日本で最初の学区制小学校である「番組小学校」が誕生したです。 

 

 この羽後町では町史によると、明治7年4月25日、西馬音内前郷村西馬音内学校として宝泉寺に創設されたとあります。学区は広く、町内のいたるところから通っていたようです。

 

 さて、その頃の記録は、本町関係では郷土史以外あまり残っていません。

 これを機会に、少し幅を広げてちょっと昔を懐かしみたい方々へ、いくつか紹介したいと思います。

 

 

福武書店 1991/11  竹内 途夫∥著

 

 かなりご年配の方でなければ、体験していない世界でしょう。

 もうちょっと年代が下がると、このような本もあります。

 

昭和B級文化の記録  串間 努∥著  小学館 1996/12

 大人も子どもも元気だった高度成長時代(昭和30年代後半~50年代前半)に大量に生み出された子どもグッズに焦点をあて、「いったいあれはなんだったんだ」という疑問に答えます。

 

 これは学校そのものより「裏文化」に焦点を当てているようです。楽しめそうです。

 

 教育関係書は、専門書は多くないですが、一般の方々へ向けた書籍は結構多いようです。

 こんな一冊もあります。

 少し前の発刊ですが、親御さんには十分参考になるのではないでしょうか。

立石美津子∥著  中経出版 2012/09

 痛い思いをさせていない。真剣に叱っていない。夜8時30分までに寝かせていない…。親がやってはいけないことを115の項目にまとめて紹介し、小学校入学前に子どもに身に付けさせておくべき基本的習慣を具体的に解説する。

 

 子ども向けには、この本もお薦めです。

 

辰巳 渚∥著  朝倉 世界一∥まんが  毎日新聞出版 2017/02

 まんがで楽しく学べる「自立の教科書」。「迷子になった!」「麦茶をとってもらった」「絵の具が服についた!」「友だちがいやなことをする」…。小学生の女の子を主人公に、「こういうとき、どうするんだっけ?」をやさしく解説。日常生活にすぐに役立つ50話を収録(しゅうろく)。

 

  当たり前のことですが、世界の、日本の、この地域の「将来」を支える人たちの学びの場…小学校。学校の昔を知り、そして学校や子どもたちの今を考えることは、とても大切なことだと思います。

年間貸出ランキング発表!

◆基本情報・利用案内◆蔵書検索・ネット予約等は「リンク」からアクセスできます。

 

 

 「令和3年度 年間貸出ランキング」です。

 令和3年4月から今年の3月末までの、貸出数の集計をまとめました。

 

 「一般部門」「児童部門」に分けて紹介します。

 

 

 人気作家たちの小説を抑えて、「鬼滅の刃」シリーズがトップでした。少しブームが収まったころから蔵書になっていましたが、根強い人気のようでした。

 それ以外では、やはり小説の貸出数が圧倒的です。

 

 

 現在貸出中のものも多くあり、すぐにはお貸しできない本もありますが、予約もできますのでご利用ください。

 

 続いて、児童部門は…

 

 

 相変わらずの人気シリーズはここ数年変わらないようです。

 

 どんなことが子どもに魅力なのか、展示してありますので、大人の方々もぜひ手を伸ばしてほしいものです。

 

 

 ランキング全盛の時代です。

 上位のものがいいとは限りませんが、現在の「文化」を知る上では貴重な資料となるでしょう。

 これも「羽後町の今」を表す一つだと思います。

 

 ぜひご来館になり、確かめていただければ嬉しいです。

「羽後の子ども」を遡る1995

◆基本情報・利用案内◆蔵書検索・ネット予約等は「リンク」からアクセスできます。

 

 町文集の詩作品紹介です。

   この頃は数年続けて、同じ表紙絵となっていますので(25,26,27集)、関連ある写真を1枚だけ探して載せてみます。

 

 

 「羽後の子ども」第26集(1995年度)より

 

 この年度は、6月に三輪団地が完成した年です。夏には戦後50年記念事業として「戦争と平和展」が開催されたと記録がありました。

 

 11月には軽井沢小学校新校舎が完成しましたが、一方で上仙道小学校最後の年度となり、閉校記念式典が開かれました。大きな変革の年であったことは、記憶ある方も多いでしょう。

 

 

   だいじなみ          

          上仙道小2年

 

 

ぼくの学校は三月三十一日で

おわっちゃう。

でもね、

学校はえいえんに上仙道にのこるんだ。

だって、

石で作ったせきひができたんだもん。

せきひにかみさまがおりてきて、

上仙道をまもってくれるそうだよ。

ぐうじさんもおいのりしてくれたから、

だいじょうぶだね。

 

せきひを見たら思いだした。

だいじなへんなみのこと。

夏のことだからずっとわすれてたのにね。

先生からもらって食べた

プルーンっていうへんなみのたねを

きりかぶのよこにうめたんだ。

水をかけて、

「早く大きくなってね。」

ぼくは、たねにおねがいしたんだよ。

春になったら

めが出てくるよ。

そして、

大きくなったプルーンの木も

せきひといっしょに、なかよく、

上仙道小学校のしるしになるんだ。

               

◆二十数年が経ち、今、その種はどうなっているのかな。願ったように育っているだろうか。しかし、もっと大切なことはその食べた「み」が、君の一部になっているということだ。それは絶対に消えない。心にしるしをつけた。

 

 

 

 

  部屋は 時の宝箱

 

         西馬音内小6年

 

片付けはきらい

片付けていない部屋もきらい

 

しょうがない やるか

ちっとも進まない

 

たなの中から四年のころの自由帳

字がきたない

なんだ これは

三年のころの自由帳

もっときたない字

一年のころの算数ノート

なんとか読める

国語の本の落書き

思わず ニャッ

前から探していたすずを見つけた

どこかの景品だったかな

けっこう気に入っていたのだ

チリリーン

前とかわらない音

 

片付けは

別の次元に行って

昔の自分をながめているよう

必死に 迷路をかいている昔のぼく

パズルをかいている昔のぼく

今も昔と変わらないなあ

人間なんてかわんないもんさ

だけど

精神的には成長したのかも

 

片付けは終わり

思い出は たなにしまいこんだ

 

◆ほったらかしにすることを、よしとしなかった自分。そこから「発見」が始まる。自分であって自分でない。様々な姿を見つけるのを楽しんでいるようだ。今の君が「人間なんてかわんないもんさ」を見つけたら、どう感じるか。聞いてみたい。

 

一句ひねって図書館川柳

◆基本情報・利用案内◆蔵書検索・ネット予約等は「リンク」からアクセスできます。

 

 気軽に応募してほしい企画展示です。

 

 

 

 図書館や本、読書などに関連づければ、どんなものでも自由です。

 ソウソウとうなずけるもの、クスッとわらえるもの、フウンと首をかしげるもの…人の感じ方は様々ですから、とにかく書いてみませんか。

 

 

 「川柳」といえば、毎年発表されるサラリーマン川柳が有名です。

 

 本館にも何年か分の作品集が揃っています。最近では…

やく みつる∥選  やすみ りえ∥選  NHK出版 2019/05

 第一生命「サラリーマン川柳コンクール」第32回応募作品から選ばれた優秀作を収載。みんなで川柳をたのしむ方法や、「地元サラ川」「小中学生サラ川選手権」の傑作選、平成歴代ベストテンなども収録する

 

 

 名作ぞろいで楽しめそうです。

 この頃は「シルバー川柳」も有名ですね。

 

全国有料老人ホーム協会∥編  ポプラ社編集部∥編  ポプラ社 2020/09

 

 ここ10年くらいの作品集は全部揃っています。

 やや自虐的な笑いになる句も多いでしょうが、気分転換にはよろしいのではないでしょうか。

 

読めば、下がるか?

◆基本情報・利用案内◆蔵書検索・ネット予約等は「リンク」からアクセスできます。

 

 

 年中、毎日が何かの記念日とされていますが、今日は「世界高血圧デー」「高血圧の日」となっています。

 (どうして「健康血圧」とかしないのか不思議ですが…)

 

 図書館には健康関係の本、雑誌なども揃っています。

 ただ、情報は年々新しくなるものも多いので、比較的最近の書籍からピックアップしてみましょう。

 

循環器内科の名医が教える最高の治し方大全   文響社 2020/09

 治療を治療を続けてもなぜ下がらない? 薬に頼らず自力で下げる方法は? 最大の国民病「高血圧症(高血圧)」の血圧上昇の真原因を見破り、自分で治す事典。高血圧の最新の知見を、専門医がQ&A形式でわかりやすく説明する。

 

 

富野 康日己∥監修  法研 2015/10

 命に関わる病気を引き起こす可能性をもった高血圧、その放置で起きる動脈硬化。高血圧に負けずに、明るく楽しく暮らしていけるよう、高血圧の基本的な知識や最新の治療法、生活改善の方法などをイラストとともに紹介します。

 

 

 血圧は、その数値だけでなくトータルに考えることも必要でしょう。

 「健康診断」そのものを対象とした一冊には次の書籍があります。

 

小橋 隆一郎∥著  主婦の友社 2021/03

 健診・人間ドックから精密検査の結果まで、気になる検査結果をわかりやすく解説。検査を受けるときに注意することや、異常があった場合の対処法、異常値のときに疑われる病気などを示す。チェック欄あり。

 

 とは言っても…なかなか手に取る気にならない方へ。

 そんな自分を信じる? 味方を増やす? ために、こんな一冊はいかがでしょうか。

 

近藤 誠∥著  エクスナレッジ 2020/03

 体温を上げると健康になる? 減塩で体内バランスが狂う? 副作用の少ない、いい抗がん剤がある? 医者たちが言いふらしているデマを紹介し、本当に体にいいことを科学的根拠を示しながら解説する。

 

 一方的な情報に惑わされないために、いろんなテーマに目を通すことも必要なのかもしれません。

 

 あれこれ悩んで身体を悪くしない程度(笑)に読んでみてください。

海と平和と琉球と…

◆基本情報・利用案内◆蔵書検索・ネット予約等は「リンク」からアクセスできます。

 

 昨日に続いて沖縄を取り上げます。

 今日は、親子や家族そろって読んでほしい図書を紹介しましょう。

 

 

 秋田県出身の水中写真中村征夫の、この写真絵本も沖縄の海が舞台です。

 

中村 征夫∥写真 文 茅根 創∥監修  大空出版 2020/05

 ぼくの名前はオオアカホシサンゴガニ。沖縄のサンゴ礁に生まれました。サンゴは石みたいに見えるけど、イソギンチャクやクラゲに近い動物。水温が18~30度の浅い海にすんでいます。サンゴの海のたいせつさを写真でつたえます。
 

 児童向けに区分されていますが、十分大人でも楽しめます。

 

 絵本で「平和」を考える、この一冊も素敵です。 

安里 有生∥詩 長谷川 義史∥画  ブロンズ新社 2014/06

 へいわってなにかな。ぼくは、かんがえたよ。おともだちとなかよし。かぞくが、げんき。えがおであそぶ-。おきなわの小学1年生のおとこのこがへいわへのおもいをつづった詩を、絵本にしてつたえます。

 

 

 そして、長い苦闘があった沖縄の歴史をまるごと取り上げた図書もあります。

上里 隆史∥文 富山 義則∥写真  一ノ関 圭∥絵  福音館書店 2020/0

 かつて、沖縄には王様がいて、今の沖縄県を治めていました。国の名前は琉球王国首里城には王様が住んでいました。琉球の戦国時代から、港町・那覇の成り立ち、明との貿易、王国の廃止まで、琉球王国のお話を描きます。

 

 これも非常にわかりやす形で、沖縄の歴史が語られています。

 

 

 最後に、図書館にはこんな冊子も保管されています。

 

 

 30年以上前ということになりますが、町内の中学生6名と引率教員2名で訪問した記録が残されていました。

 「農業の特色」「伝統芸能」「食文化」といったテーマをもった体験活動の最後には、やはり「ひめゆりの塔平和祈念資料館」や戦跡国定公園などを訪問していました。

 その点に関する感想は少しだけしか載っていませんでしたが、今思い出してみると何か心に浮かぶものがあることと思います。

 

 いずれ「復帰は鏡」という視点は、考えてみるに値すると思います。

 機会があったら、ぜひ沖縄に関する書籍も手に取ってほしいものです。